うごかし屋(2) ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

うごかし屋(2)無料試し読みコーナー


▼第9話/香染色(こうぞめいろ)の仏▼第10話/柿渋色の傷▼第11話/朽葉色の川▼第12話/薄紫色の魚▼第13話/真朱(しんしゅ)色の列車(前編)▼第14話/真朱(しんしゅ)色の列車(後編)▼第15話/勿忘草(わすれなぐさ)色の炎▼第16話/橡(つるばみ)色の狼●主な登場人物/蘇芳鉄(「うごかし屋」の二代目社長。読書が好き)●あらすじ/家の仏像を病室に持ってきて欲しいという母の頼みを叶えてあげるため、息子の新橋は仏像の配送を「うごかし屋」へ依頼する。だが、いよいよ配送するというときになって、母の容態が急変。その日のうちに「うごかし」たいと頼むが、社長以外の従業員が出払っているという。そこで、社長・蘇芳鉄はある提案を…(第1話)。●本巻の特徴/新築マンションの柱につけられた横傷に込められた想いと、左腕で見事に傷を消し去る補修屋・木賊(とくさ)の、その左腕に刻まれた苦悩を描いた「柿渋色の傷」、列車トラブルに巻き込まれた真朱の活躍を描いた「真朱色の列車」前後編など、全8話を収録。●その他の登場人物/花田(「うごかし屋」の従業員で運転手。女好き)、東雲(=しののめ。「うごかし屋」の従業員。道路に詳しい)、真朱(=まそほ。「うごかし屋」の女子高生従業員。力持ち)
続き・・・



うごかし屋(2)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


うごかし屋(2)「公式」はコチラから



うごかし屋(2)


>>>うごかし屋(2)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)うごかし屋(2)評判


BookLive!(ブックライブ)のうごかし屋(2)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもうごかし屋(2)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもうごかし屋(2)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもうごかし屋(2)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、うごかし屋(2)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいうごかし屋(2)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなうごかし屋(2)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)うごかし屋(2)あるある


スマホ1台持っているだけで、気軽にコミックにどっぷり浸ることができるのが、コミックサイトの良いところです。1冊1冊で買うタイプのサイトや月額課金制のサイトがあります。
始めに試し読みをして漫画のイラストや中身をチェックした上で、心配などすることなく入手できるのが、気軽にアクセスできるWeb漫画の長所と言えます。予めストーリーが分かるので失敗がありません。
Web上の通販ショップでは、基本的に表紙・タイトルの他、大体の内容しか見ることができないわけです。しかしながらBookLive「うごかし屋(2)」であれば、かなりの部分を試し読みで確かめられます。
小学生だった頃に読みふけった昔ながらの漫画も、BookLive「うごかし屋(2)」という形で購入できます。家の近くの書店では取り扱っていない漫画も山ほどあるのがポイントだと言えるのです。
購入したい漫画は諸々あるけれど、手に入れたとしても狭くて収納できないという人は結構います。そういったことから、保管場所の心配が全く不要なBookLive「うごかし屋(2)」の利用者数が増加してきているわけです。





うごかし屋(2)の作品の情報概要

                              
作品名 うごかし屋(2)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
うごかし屋(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
うごかし屋(2)詳細 うごかし屋(2)(コチラクリック)
うごかし屋(2)価格(税込) 540円
獲得Tポイント うごかし屋(2)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ