クリムゾン・ルーム ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

クリムゾン・ルーム無料試し読みコーナー


2004年に制作されたWEBゲーム“CRIMSON ROOM”は、のべ5億アクセスを得た「怪物ゲーム」だった。 後に「密室脱出ゲーム」と呼ばれるジャンルの先駆けと言われる。 プレイヤーは見知らぬ赤い部屋に閉じ込められていて、そこから脱出するのがミッションである。 この小説作品『クリムゾン・ルーム』は、ゲームの謎解き本ではない。 主人公の「高木敏光」(著者名と一致しているところに虚実の皮膜がある)は、札幌に在籍する『株式会社β』に勤めているクリエイターだが、30代も半ばとなり、制作意欲の枯渇を感じている。その事実を、連夜の深酒やギャンブルで誤魔化す日々である。 違法カジノバーのバーテンダー「マリアンヌ」や、秘密クラブのホステス「桐子」らとの出会いや、交際がある。彼女らはまるで正反対の要素を持つが、それぞれの信念で自立した女性だ。 そんな中、高木は「K」という若い男から一通のメールを受け取る。ひょんなきっかけから、Kと会うことになった高木は、彼の中にある種の若々しい天才を見出す。 高木はKをゴーストライターとして、クリエイティブ界全体への現役復活を目指し、それは成功したかのように見えるが……。 もの作りの歓びと苦しみ。尊敬と嫉妬。盗作と剽窃。偽名と匿名。世代の転換――製作者にとっての悩みは、いつまでたっても永遠のものだ。 本書は“CRIMSON ROOM”の作り手である著者・高木敏光が、自ら書き起こしたサスペンス小説である。どうか、フィクションの世界で、密室に閉じ込められてみて欲しい。
続き・・・



クリムゾン・ルーム無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


クリムゾン・ルーム「公式」はコチラから



クリムゾン・ルーム


>>>クリムゾン・ルームの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)クリムゾン・ルーム評判


BookLive!(ブックライブ)のクリムゾン・ルーム支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもクリムゾン・ルーム電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもクリムゾン・ルームの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもクリムゾン・ルーム支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、クリムゾン・ルームの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいクリムゾン・ルームが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなクリムゾン・ルーム電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)クリムゾン・ルームあるある


スマホを使って電子書籍を購入しておけば、会社への移動中や昼食後のフリータイムなど、場所に縛られることなく読むことができます。立ち読みもできるため、店頭まで足を運ぶまでもないのです。
利用している人の数が飛躍的に増加し続けているのが話題のコミックサイトです。数年前までは漫画は単行本で買うという人が大半でしたが、手軽な電子書籍として買って楽しむという人が増えているのです。
電子書籍も普通の本と同じで情報が商品なので、気に入らなくても返品は不可能です。だからこそ、ストーリーを確かめるためにも、無料漫画を閲覧する方が良いでしょう。
月額が決まっているサイト、登録しなくても見れるサイト、1巻単位で売っているサイト、無料にて読むことができる作品が多くあるサイトなど、コミックサイトも何かと違いがあるので比較した方が良いでしょう。
毎月の本の購入代金は、1冊単位の値段で見ればそれほど高くはないですが、たくさん購入してしまうと、1ヶ月の合計金額は嵩んでしまいます。読み放題を利用するようにすれば固定料金なので、書籍代を抑えることが可能です。





クリムゾン・ルームの作品の情報概要

                              
作品名 クリムゾン・ルーム
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
クリムゾン・ルームジャンル 本・雑誌・コミック
クリムゾン・ルーム詳細 クリムゾン・ルーム(コチラクリック)
クリムゾン・ルーム価格(税込) 864円
獲得Tポイント クリムゾン・ルーム(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ