無実のボクが女体化性裁? ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

無実のボクが女体化性裁?無料試し読みコーナー


【あらすじ】「被告人、清須静雄を、『同害刑』に処す」 それは「同害刑」、あるいは、「同害報復」とも呼ばれた。 内容を一言で言うなら「目には目を、歯には歯を」。 つまり、被害と同一の加害によって報復を行う刑罰のことである。 清須静雄の場合は、「強姦には強姦を」となった。 静雄は裁判中、一貫して無罪を主張していた。 かれは義姉・冬美と関係を持ったが、それは互いに同意を得てのはずだった。 しかし、彼女は一転して強姦を主張し、静雄を刑事裁判に追い込んだ。 静雄には、事実上の極刑である「同害刑」が執行されることとなった。 ナノマシン技術の発達により、性転換はより簡便な技術となった。 静雄は自身の身体を、強引に女体化させられた。 そして、行われる刑の執行――。 凄惨を極める、その内容……。 そして、被害者・冬美の真意が明かされる。【目次】プロローグ第一章 女体化第二章 輪姦第三章 同害報復エピローグ【登場人物】●清洲静雄(20) 強姦事件の犯人として「同害刑」の判決を受けた若者。 しかし、実際は合意の上での行いであり、裁判中は常に無罪を主張していた。 判決後、ナノマシンによって女体化され、同害報復を受ける。●駿河冬美(22) 静雄の義姉。静雄の兄と結婚し、同居していた。 静雄とは合意の上で寝たはずが、一転して強姦を主張し、刑事裁判となる。 彼女の真意は、物語の最後で明らかとなる。
続き・・・



無実のボクが女体化性裁?無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


無実のボクが女体化性裁?「公式」はコチラから



無実のボクが女体化性裁?


>>>無実のボクが女体化性裁?の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)無実のボクが女体化性裁?評判


BookLive!(ブックライブ)の無実のボクが女体化性裁?支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも無実のボクが女体化性裁?電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも無実のボクが女体化性裁?の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも無実のボクが女体化性裁?支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、無実のボクが女体化性裁?の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい無実のボクが女体化性裁?が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな無実のボクが女体化性裁?電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)無実のボクが女体化性裁?あるある


コミックサイトの一番の利点は、扱うタイトル数が半端なく多いということではないでしょうか?売れずに返品する心配がないので、多岐に亘る商品を揃えることができるわけです。
「所有している漫画が多過ぎて困り果てているから、購入を諦めてしまう」とならないのがBookLive「無実のボクが女体化性裁?」が人気になっている理由なのです。いくら買ってしまっても、保管場所を気にする必要なしです。
色んな本をむさぼり読みたい方にとって、何冊も買い求めるのはお財布に優しくないものだと思います。でも読み放題であれば、書籍代を縮減することも出来なくないのです。
無料漫画につきましては、書店での立ち読みと一緒だと言えるでしょう。ストーリーの中身をおおよそ把握した上で買うことができるので、ユーザーも安心できるのではないでしょうか。
BookLive「無実のボクが女体化性裁?」を使えば、部屋の隅っこに本棚を確保する心配は不要です。それに、最新刊を購入するためにお店に通う手間もかかりません。このような面があるので、サイトを利用する人が急増しているのです。





無実のボクが女体化性裁?の作品の情報概要

                              
作品名 無実のボクが女体化性裁?
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
無実のボクが女体化性裁?ジャンル 本・雑誌・コミック
無実のボクが女体化性裁?詳細 無実のボクが女体化性裁?(コチラクリック)
無実のボクが女体化性裁?価格(税込) 216円
獲得Tポイント 無実のボクが女体化性裁?(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ