Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法 ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書はポータビリティ(移植性)にフォーカスした書籍です。本書における「ポータビリティ」とは、ソースコード、特にCのソースコードをさまざまなOS、アーキテクチャで移植可能にしていくかということを指します。しかし、本書で取り上げていることは、C/C++だけに当てはまるものではなく、どのような開発環境でも通用するものです。本書では、ポータビリティを考える上で見落しがちな罠(必ずあると思っている関数は特定のアーキテクチャでは存在しない、テキストファイルですら互換性の問題を孕んでいるなど)、数値計算やデータ処理における各OS・アーキテクチャでの特徴的な事項といった多様な事柄を取り上げています。特に前半では、実例のCコード、筆者の作ったSALオーディオライブラリでの経験談、ポータビリティを実現するライブラリであるPOSH(Portable Open Source Harness)の利用例を豊富に掲載し、どういったところに留意すべきかをわかりやすく説明しています。いかに移植性の高いソフトウェアを書くか、つまり、いかに幅広い環境で動くようにするかについて留意すべきことはたくさんありますが、そのための簡単な法則というものはなく、移植性を高くするための多くの知識は散在しており、移植性の高いソフトウェアを開発するにはそれなりの経験がなければできませんでした。そのような知識・経験に基づく知恵を1冊の本にまとめたのが本書です。本書を読めば、移植性の高いコードをどのように書けばよいのかが理解できるようになるでしょう。名著『Write Portable Code』(2006年6月 日本語版、弊社刊行)、待望の復刊です。
続き・・・



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法「公式」はコチラから



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法


>>>Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法評判


BookLive!(ブックライブ)のWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法あるある


「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題であれば、どれほどにいいだろう」という漫画好きの声に応えるべく、「固定料金を支払えば個別に支払う必要はない」というスタイルの電子書籍が登場したわけです。
日常とはかけ離れた物語の世界を満喫するのは、毎日のうっぷんを晴らすのに凄く役に立つことが分かっています。小難しいストーリーよりも、シンプルで分かりやすい無料アニメ動画の方が良いでしょう。
ストーリーが曖昧なままで、表紙を見ただけで読もうかどうかを決定するのはハイリスクです。タダで試し読みができるBookLive「Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法」だったら、大体の内容を知った上で買うかどうかの判断ができます。
「電子書籍は遠慮したい」という本好きな方もいるのは確かですが、一度でもスマホを介して電子書籍を読むと、持ち運びの便利さや購入の簡単さからリピーターになる人が少なくないようです。
サービスの詳細については、運営会社によって異なります。そういうわけで、電子書籍をどこで買うかということについては、比較するのが当然だということです。適当に決めてしまうと後悔します。





Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の作品の情報概要

                              
作品名 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法ジャンル 本・雑誌・コミック
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法詳細 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法価格(税込) 4384円
獲得Tポイント Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ