ふたりごと ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

ふたりごと無料試し読みコーナー


武将には、妻だけに見せる笑顔がある。歴女に熱烈に支持されている戦国漫画「ふたりじめ」シリーズ第2弾! ●信長夫婦と秀吉夫婦――浮気がおさまらない秀吉のことを信長に愚痴ったねねは、信長から心のこもった手紙をもらう。信長は、ねねと同じく、正室なのに子どもを授かることができなかった自分の妻・濃姫のことを思いやって「大切にしてやれ」と秀吉を叱ったのだ。しかし、後継ぎがいない秀吉は……。 ●武田信玄とふたりの妻――実家を信玄に滅ぼされ、側室となった蓉(諏訪御料人)は、信玄の正室・孝(三条の方)に「あなたは甘えている。私はあなたを哀れんでなどさしあげませぬ」と厳しい言葉を投げかけられ、ライバル心をむきだしにする。正室と側室の確執と、ほのかな友情の物語。 ●織田信忠と松姫――信長と側室の間に生まれた長男・信忠に、武田信玄の娘・松との縁談がもちあがる。最初はとまどっていた信忠だが、手紙を交わすうちに、顔もしらない松への愛情が芽生え始める。しかし信長の命令により、織田は武田を滅ぼすことになってしまう。 ●真田信幸と稲姫――真田幸村の兄・信幸と、鬼嫁と名高い(?)稲姫の物語。関ヶ原の役直前、東軍と西軍に分かれて戦うことになった真田家。仲の悪い舅・昌幸に「信幸はお前のことを火のような女といっていた」といわれて落ち込む稲姫だったが……。 ●豊臣秀頼と千姫――秀吉の息子・秀頼と、家康の孫娘・千姫。豊臣と徳川をつなぐための政略結婚をした幼い千姫は、自分の置かれている状況もわからずに秀頼を慕う。 ●伊達政宗と愛姫――病床についた晩年の政宗は「死ぬ前に、ひとめお顔を見たい」という愛姫の願いを頑なに拒否しつづける。「天下一いい男のまま、おまえの中で死にたい」という政宗に、あきれる愛姫だが…。遅れてきた英傑・伊達政宗の一生をたどる、切ない愛の回想録。
続き・・・



ふたりごと無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ふたりごと「公式」はコチラから



ふたりごと


>>>ふたりごとの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ふたりごと評判


BookLive!(ブックライブ)のふたりごと支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもふたりごと電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもふたりごとの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもふたりごと支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ふたりごとの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいふたりごとが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなふたりごと電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ふたりごとあるある


コミックの売り上げは、残念ながら減少傾向を見せています。定番と言われている販売戦略にこだわらず、料金の発生しない無料漫画などを提供することで、新規顧客の獲得を狙っています。
漫画を買う時は必ず電子書籍を利用するという人が増えています。持ち歩きすることも不必要ですし、本を片付ける場所も気にしなくて良いというのが大きな理由です。それに無料コミックを活用すれば、試し読みが可能です。
コミックサイトの最大の特長は、購入できる本の種類が本屋よりはるかに多いということだと思われます。不良在庫になる心配がない分、多岐に亘る商品を扱うことができるというわけです。
「小さいスマホの画面では楽しめないのでは?」と言われる人がいるのも分かっていますが、現実にBookLive「ふたりごと」をスマホで閲覧すれば、その使いやすさに驚くはずです。
移動中などの手空きの時間に、無料漫画を試し読みして興味がそそられた本を見つけてさえおけば、公休日などの時間的に融通が利くときにDLして続きを読むってこともできます。





ふたりごとの作品の情報概要

                              
作品名 ふたりごと
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ふたりごとジャンル 本・雑誌・コミック
ふたりごと詳細 ふたりごと(コチラクリック)
ふたりごと価格(税込) 777円
獲得Tポイント ふたりごと(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ