「昭和史」を歩きながら考える ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

「昭和史」を歩きながら考える無料試し読みコーナー


昭和5年に下町で生まれ、東京大空襲で九死に一生を得て山本五十六を生んだ越後長岡に疎開。昭和28年に文藝春秋新社に入社し、主に雑誌畑の編集者として時代とともに歩んできた著者は、根っからの歴史好きが高じて昭和史に没頭、今や研究の第一人者にして自らがその体験者という、まさに「昭和の語り部・生き証人」といえる。本書は、そんな著者が様々な媒体に発表してきた文章から、たんなる「知識」ではなく、「昭和」の息づかいが伝わるような作品を収録した随想集。「日中戦争の陥落主義」「日本人の集団催眠」といった史論的なものから、「戦後史のなかのわたくし」「白線高校の意地」など自身の来し方に即したものまで、昭和史をタテ・ヨコ・ナナメにとらえてつづるエッセイは、いずれも軽妙な筆致でありながら滋味深い示唆に富んでいる。戦後70年の2015年、「昭和史」を改めて考え直す上での様々な気づきを与えてくれる一冊。
続き・・・



「昭和史」を歩きながら考える無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


「昭和史」を歩きながら考える「公式」はコチラから



「昭和史」を歩きながら考える


>>>「昭和史」を歩きながら考えるの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「昭和史」を歩きながら考える評判


BookLive!(ブックライブ)の「昭和史」を歩きながら考える支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも「昭和史」を歩きながら考える電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも「昭和史」を歩きながら考えるの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも「昭和史」を歩きながら考える支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、「昭和史」を歩きながら考えるの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい「昭和史」を歩きながら考えるが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな「昭和史」を歩きながら考える電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)「昭和史」を歩きながら考えるあるある


「スマホの小さい画面なんかでは読みにくいということはないのか?」と心配する人も見られますが、実際にBookLive「「昭和史」を歩きながら考える」を1冊買ってスマホで読んでみると、その快適さに驚くでしょう。
バッグなどを持ち歩かないという男性にとりましては、スマホで無料電子書籍が堪能できるというのはとても便利です。言ってみれば、ポケットに保管して本を持ち歩けるというわけです。
スマホで見れるBookLive「「昭和史」を歩きながら考える」は、外出する時の荷物を極力減らすのに一役買ってくれます。カバンなどの中に重たくなる本を何冊も詰めて持ち運ばなくても、思い立った時にコミックを閲覧することが可能になるのです。
購入の前に試し読みをしてマンガの内容を理解した上で、不安を抱えることなく手に入れられるのが、気軽にアクセスできるWeb漫画の特長です。決済する前に内容を知ることが出来るのでお金を無駄にしなくて済みます。
読んだあとで「期待したよりもつまらなく感じた」という場合でも、買った本は返品できません。だけど電子書籍なら先に試し読みすることが可能なので、こうしたことを防ぐことができます。





「昭和史」を歩きながら考えるの作品の情報概要

                              
作品名 「昭和史」を歩きながら考える
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
「昭和史」を歩きながら考えるジャンル 本・雑誌・コミック
「昭和史」を歩きながら考える詳細 「昭和史」を歩きながら考える(コチラクリック)
「昭和史」を歩きながら考える価格(税込) 650円
獲得Tポイント 「昭和史」を歩きながら考える(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ