戦国子守唄(1) ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

戦国子守唄(1)無料試し読みコーナー


▼第1話/万福丸▼第2話/隠し子▼第3話/磔(はりつけ)▼第4話/武士の子▼第5話/沢瀉(おもだか)▼第6話/出発▼第7話/つり橋▼第8話/二人の日吉●登場人物/日吉(木下藤吉郎の幼名と同じ名を背負い、野心も人一倍)、双六(農村から雑兵たちの群れに加わった小心者)、トンボ(一雑兵として幾多の戦に参加しながら生き延び、伝説となった男)、木下藤吉郎(主君・織田信長の命により浅井長政の嫡男を処刑するため探索中)●あらすじ/天正元年(1573)、織田信長に攻められた小谷城主・浅井長政は自刀し、その妻お市の方は三人の娘とともに兄・信長の元へ連れ戻された。しかし、浅井の嫡男・万福丸は秘かに城から連れ出されていた! それを知った信長は木下藤吉郎に命じ、万福丸を探させる。黄金一枚という破格の恩賞に目がくらんだ雑兵たちは血眼になって万福丸を追う。そんな雑兵の中に、日吉、双六、トンボという三人の男がいた。日吉は木下藤吉郎と同じ名を持ちながら出世できずに雑兵でいることに我慢がならない男。雑兵の群れに加わったばかりの双六は、出世への夢を膨らませる。そして、五十年もの間雑兵として生き延び、雑兵たちから“生き神様”と呼ばれるトンボ。まさに、三者三様、個性も全く異なる、彼らも万福丸探索に乗り出したのだが……(第1話)。●その他の登場人物/竹中半兵衛(織田信長の軍師)、万福丸(浅井長政の嫡男)、万菊丸(浅井長政の生まれたばかりの子)
続き・・・



戦国子守唄(1)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


戦国子守唄(1)「公式」はコチラから



戦国子守唄(1)


>>>戦国子守唄(1)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)戦国子守唄(1)評判


BookLive!(ブックライブ)の戦国子守唄(1)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも戦国子守唄(1)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも戦国子守唄(1)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも戦国子守唄(1)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、戦国子守唄(1)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい戦国子守唄(1)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな戦国子守唄(1)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)戦国子守唄(1)あるある


無料漫画というのは、書店での立ち読みと同じ様なものだと考えられます。内容がどうなのかを概略的に認識してからゲットすることができるので、ユーザーも不安感を抱くことが少なくなるはずです。
「どのサイトを利用して書籍を購入することにするのか?」というのは、案外重要な要素だと考えています。料金やシステムなどがそれぞれ違うので、電子書籍に関しましては比較しなくてはいけないのです。
月額幾らと料金が決まっているサイト、登録しなくても見れるサイト、1巻単位で購入するサイト、無料作品が豊富なサイトなど、コミックサイトも何だかんだと違いが見られますから、比較した方が良いとお伝えしておきます。
「画面が小さいから楽しめないのでは?」という疑問を持つ人がいることも把握していますが、そんな人もBookLive「戦国子守唄(1)」をDLしスマホで閲覧してみれば、その使いやすさにびっくりするようです。
漫画マニアの人からすると、コレクションとしての単行本は大事だと理解できますが、「漫画は読めれば十分」という人であれば、スマホで読むことのできるBookLive「戦国子守唄(1)」の方が扱いやすいでしょう。





戦国子守唄(1)の作品の情報概要

                              
作品名 戦国子守唄(1)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
戦国子守唄(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
戦国子守唄(1)詳細 戦国子守唄(1)(コチラクリック)
戦国子守唄(1)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 戦国子守唄(1)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ