ムカデ戦旗(2) ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

ムカデ戦旗(2)無料試し読みコーナー


▼第1話/水抜き▼第2話/城の水▼第3話/大うつけ▼第4話/裏切り▼第5話/突入▼第6話/開城▼第7話/帰郷▼第8話/尾張▼第9話/金草●主な登場人物/左吉(山に入る忍びを取り締まる「金縛り」だったが、次代の頭に指名される)、金蔵(金掘り衆の先代大頭のひとり息子。左吉に反発する)、てん(ムカデの大頭に直接情報を伝える「耳走り」)●あらすじ/武蔵松山城への坑道掘りを急ぐムカデ衆。城側から逆穴を掘らせる作戦も一の字の活躍によって成功し、完成まであと一歩と迫る。そして、いよいよ最後の杭が打たれた…がしかし、水が出てこない!? 確認のため左吉と金蔵が坑道の中に入ると、奥から猛烈な勢いの水の音が!! 慌てて逃げる左吉と金蔵だが、その際、金蔵はわざと左吉を転ばせてしまい…(第1話)。▼見事、武蔵松山城の水抜きに成功したムカデ衆。しかし、雄水にのまれた左吉は瀕死の重傷を負ってしまう。しかも、頭の座を狙う金蔵は、左吉が病床についている間、勝手に頭代理を名乗るばかりか、左吉に刺客を送ってきた(第2話)。●本巻の特徴/武田軍を利用して、金掘り衆の技を武士たちに売り込む目論見だったムカデ衆。見事、織田信長に認められるものの、左吉は信長を認めない…。●その他の登場キャラクター/謎の女・ぬえ(第1~4、7、9話)、武田信玄の弟・信廉(第3~7話)、織田信長(第3~6、8、9話)、サル(後の豊臣秀吉)(第3~6、8、9話)、北条氏政(第4、5話)、上杉輝虎(後の謙信)(第6、7話)
続き・・・



ムカデ戦旗(2)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ムカデ戦旗(2)「公式」はコチラから



ムカデ戦旗(2)


>>>ムカデ戦旗(2)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ムカデ戦旗(2)評判


BookLive!(ブックライブ)のムカデ戦旗(2)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもムカデ戦旗(2)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもムカデ戦旗(2)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもムカデ戦旗(2)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ムカデ戦旗(2)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいムカデ戦旗(2)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなムカデ戦旗(2)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ムカデ戦旗(2)あるある


多くの書店では、本棚のスペースの問題で置ける書籍の数が制限されてしまいますが、BookLive「ムカデ戦旗(2)」という形態であればこの手の限りがないため、今はあまり取り扱われない漫画も扱えるのです。
あえて電子書籍で購入するという方があきらかに増えてきています。バッグなどに入れて運ぶことも不要になりますし、片付ける場所も不要だという特長があるからです。加えて言うと、無料コミックもあるので、試し読みもできます。
簡単に無料コミックと申しましても、購入できるジャンルは多種多様にあります。少年向けからアダルトチックなものまで揃っているので、あなたが読みたいと思う漫画を絶対見つけ出すことができるはずです。
ずっと単行本を買っていたという方も、電子書籍を利用し始めた途端に、便利さに目覚めるということがほとんどだと耳にしました。コミックサイトも多々ありますから、必ず比較してから選ぶようにしましょう。
利用者の人数が急に増加しているのがBookLive「ムカデ戦旗(2)」なのです。スマホ上で漫画を見ることができるということで、場所をとる本を持ち運ぶ必要もなく、外出時の荷物を軽くすることが可能になります。





ムカデ戦旗(2)の作品の情報概要

                              
作品名 ムカデ戦旗(2)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ムカデ戦旗(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
ムカデ戦旗(2)詳細 ムカデ戦旗(2)(コチラクリック)
ムカデ戦旗(2)価格(税込) 540円
獲得Tポイント ムカデ戦旗(2)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ