心を癒す禅の教え ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

心を癒す禅の教え無料試し読みコーナー


がんばらず、今できることをやればいい。日本最大の禅寺・妙心寺。京都市右京区に約10万坪もの広大な境内を構える、臨済宗妙心寺派全国3400寺の頂点となる大本山だ。著者はその最高幹部「管長」を務める。「雲水」と呼ばれる修行僧たちは朝4時に起床し、坐禅を組む。月に1度、1週間くらいは「接心(せっしん)」と呼ぶ修行のため朝3時に起床。たとえば、12月の接心は布団に入らず坐禅を組んだままで寝る。そして朝と夕方、僧侶が修行僧一人ひとりに「無とは何か」など考案(問答)を出す。雲水は坐禅を組んで実際に「無」の境地を感じる修行を重ね答えを見つける――。私たちの生活は、ストレス、悩み、不安、怒りなど負の感情が尽きることはない。そんな感情が今ある力を存分に発揮できないブレーキ役となっている。そのブレーキを外し、もっと軽快に前進できる方法がある。それこそが坐禅、そして、禅の教えだ。本書では、自分の心を客観的に見つめ直し、心の落ち着きを得ることによって、今ある力を最大化する禅の手法を説く。坐禅によって心が落ち着くのは、坐禅が何かの力をつけるものではなく、余計なものを「捨てる」ことができるから。自分自身の考えや心を狭くしている、こだわりやプライドなどを一切捨てることで、今ある力を最大限に発揮できるようになる。坐禅を始める人向けに、基本となる姿勢や呼吸の方法なども、イラストを交えて具体的に説明する。「座るときは、胸を軽く開くような感じにする」「呼吸は、細く、長くを意識して」「目をつむって、風の音や鳥のさえずりなどが聞こえてくるようにする」などといった具合だ。特別な体力や準備、心構えもいらず、誰にでもできる座禅の効能を説く。
続き・・・



心を癒す禅の教え無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


心を癒す禅の教え「公式」はコチラから



心を癒す禅の教え


>>>心を癒す禅の教えの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)心を癒す禅の教え評判


BookLive!(ブックライブ)の心を癒す禅の教え支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも心を癒す禅の教え電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも心を癒す禅の教えの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも心を癒す禅の教え支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、心を癒す禅の教えの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい心を癒す禅の教えが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな心を癒す禅の教え電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)心を癒す禅の教えあるある


無料コミックは、スマホやパソコンで読めるのです。通勤の電車内、会社の休憩中、病院やクリニックなどでの診てもらうまでの時間など、好きなときに楽々読むことが可能なのです。
あえて電子書籍で購入するという人が確実に増加しています。カバンなどに入れて持ち運ぶことからも解放されますし、収納スペースも必要ないというメリットがあるからです。それに無料コミックになっているものは、試し読みだってできるのです。
子供から大人まで無料アニメ動画を楽しんでいます。ぼんやりしている時間とか電車で移動中の時間などに、容易にスマホで視聴可能だというのは、非常に便利だと言えます。
BookLive「心を癒す禅の教え」がアラフォー世代に人気を博しているのは、若かったころに読みふけった漫画を、再び簡単に読めるからなのです。
スマホ上で読む電子書籍は、一般的な書籍とは異なり文字のサイズを自分に合わせることが可能ですので、老眼のせいで読書を敬遠してきた高年齢の人でもスラスラ読めるという特長があると言えます。





心を癒す禅の教えの作品の情報概要

                              
作品名 心を癒す禅の教え
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
心を癒す禅の教えジャンル 本・雑誌・コミック
心を癒す禅の教え詳細 心を癒す禅の教え(コチラクリック)
心を癒す禅の教え価格(税込) 378円
獲得Tポイント 心を癒す禅の教え(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ