ハリドワール ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

ハリドワール無料試し読みコーナー


【齋門富士男 撮影記】バラナシに2週間近く滞在していたら、飽きてきたのでハリドワールというところに行ってみた。デリーまで汽車に13時間あまり乗り、その後ギュウギュウ詰めのバスで6、7時間。遠い!ハリドワールについては、ガンジス河の源流であり、神々の住む山地への入口と観光ガイドブックの乏しい知識だけ。ものぐさというのもあるが、先入観なしの方がストレートに感じることができる気がして、あまり下調べなどはしないのが、いつもです。後でなにかの媒体などで、「へえ、こんなところがあったんだ、残念だなぁ」と少し思う時もあるが、それもまた出会った場所や人が、その旅の縁と思っている。ハリドワールのガートは着いた途端、なにか得体のしれないムンムンとした熱気が迫ってきた。「ここは撮りたいことがあるに違いない」。そういう、ピンとくる場所に出会うと、心が踊り、歩くのも速くなる。広く大きな河を大勢のインド人が取り囲んでいる。そして祈っている。その中に入り込み、人々の顔つきを見ると、街の匂いのするバラナシやデリー、ジャイプールなどで出会った人と違い、土着的な色が濃く、荒々しいパワーを放っている気がした。一番先に見に飛び込んできたのは岸辺に一列にならんでいる、手や足のない、物乞いの男たちや子供。そして、もの売りの女性、サドゥ、寝転がっているおじさん。着飾った女性。インドはどこもかしこも、やっぱり人だらけだなぁ。歩きざまに、ガンガン写真を撮りまくりたいところだけれど、突然、カメラを向けて拒否をされると、周りの人もNOだ。知らない森に迷い込んだ動物のように、慎重にとソロリソロリ進むのが肝心。撮りたい人のそばに座り込み、少し話をしたりして打ち解けたら、両腕に抱きかかえていたカメラをゆっくりと向け、「いいよ」というサインを待つ。やがて、誰か一人が写真を撮ることを受け入れてくれると、みんながOKサインを出してくれるようになったりする。まずは準備運動さながらに、人ごみをふらふら歩きながら、パシャ、パシャとシャッターを切ってみる。それから真っ先に気になった、赤いシャツを着た少年にゆっくり近づいた。片足がひざの下から無い。レンズの向こうには、まっすぐにこちらを見つめる瞳があった。気負いも曇りもなく、そこで物乞いをすることへの卑屈さも感じられなかった。彼らを撮ることの後ろめたさも、その少年を撮った瞬間に、吹っ飛んだ。「彼らも、現実のインドだ」それからは朝から晩まで、彼らと一緒にしゃがみこんでは、撮り続けた。撮りたいと思った対象を撮ることが出来て、なんか幸せになった。というか、彼らにもらった。乾ききった喉が癒やされていく。3日目にはガートでお祈りをするサドゥ達の集まる小屋に招かれ、写真を撮ることができ、チャイをごちそうになった。ハリドワールにいたのは、わずか3日。もっと滞在したかったが宿がとれず、リシュケシュに移動した。カメラをかかえている、一人旅のオジサンに、野宿は禁物!
続き・・・



ハリドワール無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ハリドワール「公式」はコチラから



ハリドワール


>>>ハリドワールの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ハリドワール評判


BookLive!(ブックライブ)のハリドワール支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもハリドワール電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもハリドワールの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもハリドワール支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ハリドワールの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいハリドワールが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなハリドワール電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ハリドワールあるある


流行のアニメ動画は若者だけを対象にしたものではないのです。アニメが苦手な人が見ても思わず感動してしまうような構成で、壮大なメッセージ性を秘めたアニメも多くなっています。
普通の本屋では、本棚のスペースの問題で取り扱える漫画の数が制限されてしまいますが、BookLive「ハリドワール」のような仮想書店ではそんな問題が起こらないので、今はあまり取り扱われない漫画も取り扱えるというわけです。
漫画雑誌と言うと、「若者向けに作られたもの」というふうにイメージしているのではないでしょうか?ところが人気急上昇中のBookLive「ハリドワール」には、アラサー・アラフォーの方が「昔を思いだす」と思ってもらえるような作品も複数あります。
老眼に見舞われて、近くの物が見えなくなってきたという読書が生きがいの高齢の方には、スマホで電子書籍を楽しむことができるというのはすごいことなのです。文字のサイズを読みやすいように調節できるからです。
コミックサイトの最大のメリットは、扱っている冊数が本屋とは比較できないくらい多いということだと考えます。売れ残って返本作業になるリスクがない分、様々なタイトルを扱えるのです。





ハリドワールの作品の情報概要

                              
作品名 ハリドワール
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ハリドワールジャンル 本・雑誌・コミック
ハリドワール詳細 ハリドワール(コチラクリック)
ハリドワール価格(税込) 864円
獲得Tポイント ハリドワール(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ