バラナシ河岸 ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

バラナシ河岸無料試し読みコーナー


2011年4月、写真家・齋門富士男は30年ぶりにインド、バラナシのガンガー(ガンジス川)河岸を訪れた。インド中から死を待つ人々が集まるこのヒンドゥー教徒の「死出の地」で、写真家は何も考えずにひたすら写真を撮る日々を過ごし、バラナシの本当の姿を知った。【齋門富士男 撮影記】ガンガー河に沿って連なるガートには毎日、夜明けから夜中まで、数えきれない人が群がっている。河に向かい、お祈りをする大勢の人。地べたで眠っていたり、食べている人もいる。ノラ犬も牛も鳥もたくさんいる。ガートの端の方では死者を火葬したり、荼毘に付さず、水葬していたりする。そして、その河の水を浴び、飲み、持ち帰る。ガンガーの水がすべての罪を浄め、よりよい再生を叶えてくれるといわれ、崇められている聖なる河のほとりに佇んで、その空気を吸い、匂いを嗅ぎ、目で見て、浮かぶ言葉といえば「このグチャグチャな感じはやっぱり、すごいなあ」という平凡な感嘆と「インドでワシも考えた」という椎名誠さんの本の題名。さて、ここで、また写真に没頭するエネルギーが湧くのか?2011年、4月。30年ぶりのバラナシの河岸で、すこしくたびれたオッサンはなんとも心もとない気分で、とりあえずシャッターを押すんです。毎日、毎日、ガートに出かけては写真を撮るんだけど、なんとなくピンとこないというか、集中しないというか、力がこもらないというか...ともかくダラシナイんです。それでも、30年も写真を撮っているから、「ちょっといいな!」という瞬間は見逃しません。ガートの外の迷路のような路地も、なんども行ったり来たりして、夜になるとビールを飲んで、カレーを食べて、眠って朝になる。そしてまたガートにでかけ、その日、目にしたことを撮る。ほとんど頭がからっぽで、あまりなにも考えなくなっていました。そんな写真もアリか?そんなことを2週間ばかり繰り返し、飽きて来たので、ハリドワールとリシュケシュに1週間ばかり出かけました。その写真は、また次にでも。バラナシに戻って、小舟の船頭と知り合い、ガートの反対側の河岸に渡ることにしました。通称「対岸」と呼ばれる場所です。ガートでの賑わいが嘘のような、静寂の砂漠。そんな印象です。そこで見たものは河底が干上がり、あらわになった人間の屍や牛の骨。それに食らいつく犬たちです。時々、対岸にある小さな村に住む人々にも会いました。不浄の地と呼ばれる対岸。バラナシの深い深い奥を覗き込んだようで、心が震えました。滞在していた残りの10日間、取り憑かれたように対岸へと向かい、写真を撮りまくりました。その光景を撮るということの罪悪感と、撮りたいと思ってしまう欲求とを行ったり来たりで、毎日、グッタリして、人や動物がいて、食べ物やゴミの匂いのする路地があるガート側へと戻りました。たくさんの人の渦にまぎれ込むと安心感に満たされ、肩の力が抜けてくるのがわかりました。小舟でわずか10分程度の距離にあるガートの河岸と対岸。30年前には知らなかったバラナシのほんとうの凄まじさをかいま見た旅でした。今回の写真はバラナシ滞在のとりとめのない記録ですが、言葉では表せないなにかを写真で感じてもらえたらと思っています。
続き・・・



バラナシ河岸無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


バラナシ河岸「公式」はコチラから



バラナシ河岸


>>>バラナシ河岸の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)バラナシ河岸評判


BookLive!(ブックライブ)のバラナシ河岸支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもバラナシ河岸電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもバラナシ河岸の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもバラナシ河岸支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、バラナシ河岸の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいバラナシ河岸が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなバラナシ河岸電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)バラナシ河岸あるある


電子書籍の注目度は、ここ1~2年特に高くなりつつあります。こうした状況下で、新規顧客が増加しているのが読み放題というプランです。料金を気にする必要がないのが支持されている大きな要因です。
気軽に無料漫画が読めるということで、利用者数が増えるのは何ら不思議な事ではありません。お店とは異なり、人の目を気にすることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍だからこその利点です。
BookLive「バラナシ河岸」はノートパソコンやスマホ、タブレット型の端末からアクセスする方が多いです。最初だけ試し読みが可能なので、それ次第でその漫画をDLするかを決定する人が多数いると聞いています。
ここに来て、電子書籍業界では革新的な「読み放題」というサービスが提供され注目度が高くなっています。1冊毎にいくらではなくて、ひと月いくらという料金徴収方法なのです。
漫画好き人口の数は、年々少なくなっている状態なのです。定番と言われているマーケティングに捉われることなく、あえて無料漫画などを市場投入することで、新規顧客数の増大を目指しているのです。





バラナシ河岸の作品の情報概要

                              
作品名 バラナシ河岸
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
バラナシ河岸ジャンル 本・雑誌・コミック
バラナシ河岸詳細 バラナシ河岸(コチラクリック)
バラナシ河岸価格(税込) 864円
獲得Tポイント バラナシ河岸(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ