野球少年(2) ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

野球少年(2)無料試し読みコーナー


▼第1話/誓いのユニフォ-ム▼第2話/涙色のボ-ル▼第3話/再会のホ-ムベ-ス▼第4話/出会いのマウンド▼第5話/再起のボ-ル▼第6話/焼け跡のダイヤモンド▼『釣りバカ原人 デンと呼ばれた男』▼『釣りバカ原人 ロックランド紛争って!?』  ▼『釣りバカ劇場 ヒラメと呼ばれた男』  ●登場人物/野原広太(亡き父のようにプロ野球選手になるべく、毎日練習に励む野球少年)。タツ(昔、広太に野球を教えたヤクザの稲垣の舎弟。心やさしいヤクザ)。大島(元・巨人軍の選手で広太の父の後輩。小さい頃から広太のためにいろいろアドバイスをしてくれた人物)。●あらすじ/立ち退きのため、草野球チ-ムの仲間たちがいなくなってしまった。広太が野球を続けるためには、中学の野球部に入るしかない。だが広太は靴みがきをして家族の生計を支えているため、部活に入っても、練習の途中で抜けなければならないことがネックとなるのだが……(第4話)。▼才能を順調に延ばし、高校3年生になった広太は、プロ野球のスカウトにも注目されるようになる。巨人のスカウトも例外ではなく、広太の才能を本物とみたスカウトは、高校の監督に挨拶をして帰るのだが、その一週間後、広太が監督のもとに訪れると、彼はジャイアンツではなくジャガ-ズへ入るようにと広太に話をする。その話を不審に思ったヤクザのタツは、監督からことの真相を聞き出す(第5話)。▼甲子園大会への予選、ヒットを放った広太はベ-ス上のクロスプレ-で三塁守と激突、大事な右腕を複雑骨折してしまう。二度と野球のできない身体となってしまった広太はショックのため家出。だが彼を追いかけてきた大島によって広太は新たな道をみつける(第6話)
続き・・・



野球少年(2)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


野球少年(2)「公式」はコチラから



野球少年(2)


>>>野球少年(2)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)野球少年(2)評判


BookLive!(ブックライブ)の野球少年(2)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも野球少年(2)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも野球少年(2)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも野球少年(2)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、野球少年(2)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい野球少年(2)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな野球少年(2)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)野球少年(2)あるある


ちゃんと比較してから、最適なコミックサイトを決めるという人がほとんどです。オンラインで漫画を堪能してみたいのなら、色々なサイトの中から自分にピッタリのサイトを選択することが必須です。
「アニメはテレビで放送されているもの以外見ていない」というのは、今では考えられない話だと言うしかないでしょう。どうしてかと言いますと、無料アニメ動画等をWeb上で楽しむというパターンが浸透しつつあるからです。
誰でも無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が急増するのは当たり前のことです。本屋とは違って、他人の目を意識することなく立ち読みできるというのは、電子書籍だけの利点だと言えます。
今日ではスマホを通して楽しむことができるアプリも、一段と多様化が進んでいると言えます。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍やスマホで遊ぶゲームなど、バラエティー豊かなサービスの中から選べます。
マンガの発行部数は、ここ数年低下しているとのことです。既存の販売戦略に捉われず、いつでも読める無料漫画などを打ち出すことで、新規顧客の獲得を目指しています。





野球少年(2)の作品の情報概要

                              
作品名 野球少年(2)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
野球少年(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
野球少年(2)詳細 野球少年(2)(コチラクリック)
野球少年(2)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 野球少年(2)(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ