日本の名薬 ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

日本の名薬無料試し読みコーナー


日本には古来より日本人の体に合う伝承名薬がある。森?外愛用の一等丸、巨人軍V9に貢献した恵命我神散などそのルーツと薬効を興味深く解説する。【主な内容】一等丸【いっとうがん】越中反魂丹【えっちゅうはんごんたん】宝丹【ほうたん】ホシ胃腸薬【ほしいちょうやく】松井熊参丸【まついゆうじんがん】萬金丹【まんきんたん】太田胃散【おおたいさん】恵命我神散【けいめいがしんさん】百草丸【ひゃくそうがん】/陀羅尼薬【だらにやく】赤玉はら薬【あかだまはらぐすり】煉熊【ねりぐま】健のう丸【けんのうがん】百毒下し【ひゃくどくくだし】雨森無二膏【あめもりむにこう】打身丸薬【うちみがんやく】糾勵根【きゅうれいこん】金創膏【きんそうこう】トクホン【とくほん】浅田飴【あさだあめ】改源【かいげん】鼻療【びりょう】龍角散【りゅうかくさん】命の母【いのちのはは】奥溪根元蘇命散【おくたにこんげんそめいさん】喜谷實母散【きだにじつぼさん】中将湯【ちゅうじょうとう】亀田六神丸【かめだろくしんがん】救心【きゅうしん】敬震丹【けいしんたん】大木五臓圓【おおきごぞうえん】養命酒【ようめいしゅ】宇津救命丸【うづきゅうめいがん】樋屋奇應丸【ひやきおうがん】大学目薬【だいがくめぐすり】エビオス【えびおす】サンクロン【さんくろん】六一〇ハップ【むとうはっぷ】[くすりミニ知識]お屠蘇について[くすりミニ知識]葛根について[くすりミニ知識]現証拠について[くすりミニ知識]上薬・中薬・下薬について製薬会社・薬舗一覧あとがき参考文献
続き・・・



日本の名薬無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


日本の名薬「公式」はコチラから



日本の名薬


>>>日本の名薬の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)日本の名薬評判


BookLive!(ブックライブ)の日本の名薬支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも日本の名薬電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも日本の名薬の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも日本の名薬支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、日本の名薬の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい日本の名薬が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな日本の名薬電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)日本の名薬あるある


買ってしまう前にざっくり内容をチェックすることが可能だったら、購入後に後悔せずに済みます。売り場で立ち読みするときのような感じで、BookLive「日本の名薬」においても試し読みを行なえば、内容を確かめられます。
「電子書籍に抵抗感を持っている」という方も稀ではないようですが、1回でもスマホにて電子書籍を読んでみたら、その扱いやすさや購入の楽さからリピーターになる人が大半だと聞いています。
手持ち無沙汰を解消するのにピッタリなサイトとして、ブームとなっているのがBookLive「日本の名薬」だそうです。本屋さんなどで欲しい漫画を探したりせずとも、スマホだけで誰でも読めるというのが良い点です。
書籍を手当たり次第に読むという読書家にとって、何冊も買い求めるのは金銭的な負担も大きいと言って間違いないでしょう。ですが読み放題を活用すれば、本代を安く済ませることもできるというわけです。
BookLive「日本の名薬」の販売促進の戦略として、試し読みが可能という仕組みは画期的なアイデアではないかと思います。時間を忘れて大体の内容を確かめることができるので、隙間時間を利用して漫画をチョイスできます。





日本の名薬の作品の情報概要

                              
作品名 日本の名薬
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
日本の名薬ジャンル 本・雑誌・コミック
日本の名薬詳細 日本の名薬(コチラクリック)
日本の名薬価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 日本の名薬(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ