雲と風と ――伝教大師最澄の生涯 ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

雲と風と ――伝教大師最澄の生涯無料試し読みコーナー


第22回吉川英治文学賞受賞作品。比叡山延暦寺を創建、天台宗の開祖となった最澄。激動の時代の中、最澄は、長岡京の遷都に失敗した桓武天皇を支えながら、桓武の魂を救済することが、国家を救うと尽力する。仏教の本質を求め続けた最澄の生涯を、直木賞作家の永井路子が描く。大正14年東京生まれ。東京女子大学国文科卒業後小学館に入社し、『女学生の友』『マドモアゼル』の編集者を務める。小学館時代から歴史小説を執筆し始め、昭和39年『炎環』で直木賞を受賞。その他にも吉川英治文学賞を受賞した『雲と風と』等多くの素晴らしい作品を世に送り出している。男性的目線になりがちな歴史人物や歴史事件を解きほぐし、その陰になりがちな女性にも焦点をあて、歴史上の人物、出来事を鮮やかに浮かび上がらせる作風は、歴史小説に新風を巻き込んだものと評価されている。また、直木賞受賞作品である『炎環』、『北条政子』などは、NHK大河ドラマ『草燃ゆる』(1979年)の原作として、また『山霧 毛利元就の妻』『元就、そして女たち』などは、同じくNHK大河ドラマ『毛利元就』(1997年)の原作としても知られている。
続き・・・



雲と風と ――伝教大師最澄の生涯無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


雲と風と ――伝教大師最澄の生涯「公式」はコチラから



雲と風と ――伝教大師最澄の生涯


>>>雲と風と ――伝教大師最澄の生涯の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)雲と風と ――伝教大師最澄の生涯評判


BookLive!(ブックライブ)の雲と風と ――伝教大師最澄の生涯支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも雲と風と ――伝教大師最澄の生涯電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも雲と風と ――伝教大師最澄の生涯の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも雲と風と ――伝教大師最澄の生涯支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、雲と風と ――伝教大師最澄の生涯の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい雲と風と ――伝教大師最澄の生涯が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな雲と風と ――伝教大師最澄の生涯電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)雲と風と ――伝教大師最澄の生涯あるある


電子書籍への期待度は、日に日に高まりを見せています。そういう状況の中で、利用者が確実に増えているのが読み放題というプランなのです。支払い金額を気にする必要がないのが支持されている大きな要因です。
コミックサイトの最大のメリットは、取扱い冊数がとてつもなく多いということでしょう。売れずに返品するリスクがない分、幅広いニーズを満たすだけのタイトルを置くことができるのです。
あえて電子書籍で購入するという人が増えてきています。カバンなどに入れて持ち歩くなんてこともなくなりますし、本をしまう場所も必要ないという点がウケているからです。更に無料コミックになっているものは、試し読みも余裕です。
断捨離という考え方が数多くの人に認知されるようになったと言える今現在、本も書物形態で所持することなく、BookLive「雲と風と ――伝教大師最澄の生涯」経由で耽読する人が増加しています。
多忙でアニメを見るだけの余裕がないという方には、無料アニメ動画がとても役に立ちます。テレビ放送のように、毎週定時に視聴することは要されませんので、暇な時間を使って見ることができます。





雲と風と ――伝教大師最澄の生涯の作品の情報概要

                              
作品名 雲と風と ――伝教大師最澄の生涯
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
雲と風と ――伝教大師最澄の生涯ジャンル 本・雑誌・コミック
雲と風と ――伝教大師最澄の生涯詳細 雲と風と ――伝教大師最澄の生涯(コチラクリック)
雲と風と ――伝教大師最澄の生涯価格(税込) 993円
獲得Tポイント 雲と風と ――伝教大師最澄の生涯(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ