星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。アメリカの公立学校に小・中・高校、3人のわが子を通わせた体験をもとに、日本の教育の姿を浮かびあがらせる。いじめ、管理主義、学力、戦争、能力別指導など11のテーマをとりあげ、よさも悪さも含め、その違いをくらべることで、日本の教育を改める方途をさぐる。【電子化へのメッセージ】 “星条旗と日の丸”を1987年に出版してから27年が過ぎました。2014年の今、なぜ、古い本を電子ブックとして再度出版するのか、皆様にお伝えしたいと考えます。  何よりも、議論を避ける風潮が日本社会に1980年代よりも広がっているのではないかと危惧しています。日本の政府は総理大臣を先頭に、議論を避けながら憲法9条の解釈変更を強行しました。この本で報告しましたように、米国の学校教育は小学校から大学まで、議論しながら学ぶ伝統があります。インターネットを通じてニュースが瞬時に世界を駆け巡る今、議論を避けた日本の憲法解釈変更を米国市民は驚いて見つめているでしょう。日本の若者が日本の政権発信のネット情報を無批判に読んでいると、グローバル化の時代に対応する力を得ることはできないのではないでしょうか。 一方、グローバル化の時代だから英語教育開始を低年齢化しよう、という政府の新しい教育方針が報道されています。日本では昔から、日本人は英語の読み書きはできるけれども聞く、話すが不得手だと言われてきました。しかし、学校教育だけで英語を学んだ日本人が最も苦手なのは英語で自分の考えを論理的に書くことでしょう。学校では、和文英訳が英語を書くことだと思われているふしがありますが、個の主張を育てる指導体制が無い日本の学校教育で、たとえ小学一年生から英語を教えても論理的な英語で文章を作れるようにはならない。英語を話す力を育てることについても、主張がなければコミュニケーションは成り立たない。英語で話すためには個の主張を持つことが必要だということです。あいさつやあいづちを打つことが英語でできても、話し合いにはならない。日本の子ども達、若者たちは、日本と世界の今を論理的に考えることが必要です。 私の子ども達が通った米国の小学校で、日本による真珠湾攻撃は毎年復習される項目でしたが、日本の子どもたちはこの事実をほとんど教えられず、むしろ広島長崎の被爆や8月15日の“終戦”記念日が知られています。米国の高校の歴史教科書にも、ヴィエトナム戦争で米軍が何をしたかを明確に記載しないものがありました。日本だけでなく米国でも自国の歴史教科書を美化したいという意図があるのでしょう。しかし、本を沢山読ませ、考えさせ、書かせるという米国の学校では、教科書編集者の意図を生徒は批判的に検討することができます。一方、日本の学校の歴史教育は、相変わらず受験をにらんだ暗記中心です。この危惧が、この本を再度世に送る所以です。なお、本文の以下のページに用いた“母国語”という表現を“母語”と訂正できればと願っています。 P. 61, p. 63, p. 213 2014年7月7日 著者
続き・・・



星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える「公式」はコチラから



星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える


>>>星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考えるの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える評判


BookLive!(ブックライブ)の星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考えるの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考えるの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考えるが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考えるあるある


「自宅以外でも漫画を読んでいたい」などと言う人にちょうど良いのがBookLive「星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える」です。荷物になる書籍を肌身離さず持ち歩くこともないので、バッグの中の荷物も減らすことができます。
コミックが好きなら、コミックサイトが重宝します。購入手続きも非常に簡単ですし、新しく出る漫画を買い求めたいということで、労力をかけてショップに出かけて行って事前に予約をする必要もありません。
無料電子書籍を閲覧することにすれば、どうしようもなく暇で時間だけが過ぎ去っていくなどということがなくなると思います。仕事の休憩時間とか通学時間などでも、思っている以上に楽しめるはずです。
月極の利用料を支払うことで、各種の書籍を好きなだけ読めるという読み放題サービスが電子書籍で広がりを見せています。1巻毎に購入しなくても読めるのが人気の秘密です。
アニメなしでは生きられない方にしてみれば無料アニメ動画というのはすごく先進的なコンテンツなのです。スマホ1台あれば、都合に合わせて見聞きすることができるというわけです。





星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考えるの作品の情報概要

                              
作品名 星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考えるジャンル 本・雑誌・コミック
星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える詳細 星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える(コチラクリック)
星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える価格(税込) 864円
獲得Tポイント 星条旗と日の丸 アメリカの体験から日本の教育を考える(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ