「母のことなど17の小品」 ジャンル 電子書籍 豊富 簡単

「母のことなど17の小品」無料試し読みコーナー


1965年(昭和40年)11月に刊行された山本利男の2冊目の詩集。自分の生にかかわる感動を詩にしていた20代後半の作品から、17篇を自選している。夭折した兄への思い「鯖雲」や、流産で亡くした第一子と妻の「部屋」「蚊帳」。そして「母」の詩に見られる素直なまでの思慕は、長兄を失ったあとの唯一の男子をいかに愛した母親であったかが読み取れる。“ぼくはいよいよ肥っていかねばならないのだ”作品「母」この最終行と「あとがき」の“わたしはいよいよ人生の中核にすすむ年代になった”が呼応するが、大人の純粋について思念することは変わらないだろうと青年山本は予見している。この詩集から十年後、筆名を十四尾と変えたことも、三十代をまたいだこのときに構想していたのかもしれない。 石下典子
続き・・・



「母のことなど17の小品」無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


「母のことなど17の小品」「公式」はコチラから



「母のことなど17の小品」


>>>「母のことなど17の小品」の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「母のことなど17の小品」評判


BookLive!(ブックライブ)の「母のことなど17の小品」支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも「母のことなど17の小品」電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも「母のことなど17の小品」の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも「母のことなど17の小品」支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、「母のことなど17の小品」の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい「母のことなど17の小品」が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな「母のことなど17の小品」電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)「母のことなど17の小品」あるある


コミックサイトは1つしかないというわけではないのです。それらのサイトを念入りに比較して、自分の希望に近いものを見つけることが重要です。そうすれば後悔することもなくなります。
連載物の漫画は何十冊と買うことになるので、先ず初めに無料漫画で試し読みするという人が稀ではないようです。やはり中身を読まずに漫画の購入を決断するというのは難しいことのようです。
スマホを介して電子書籍を入手すれば、電車やバスでの移動の間やブレイクタイムなど、ちょっとした時間に楽しめるのです。立ち読みも簡単にできるので、本屋に行くことは不要なのです。
BookLive「「母のことなど17の小品」」のサービス内容次第ですが、1巻すべてを無料で試し読みができるというところもいくつかあります。1巻は無料にして、「楽しいと感じたなら、その後の巻をお金を払ってダウンロードしてください」というサービスです。
人気の無料コミックは、スマホやタブレットで楽しむことができます。外出しているとき、お昼ご飯の休憩時間、医療施設などでの順番待ちの暇な時間など、空き時間に気軽に楽しむことが可能です。





「母のことなど17の小品」の作品の情報概要

                              
作品名 「母のことなど17の小品」
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
「母のことなど17の小品」ジャンル 本・雑誌・コミック
「母のことなど17の小品」詳細 「母のことなど17の小品」(コチラクリック)
「母のことなど17の小品」価格(税込) 540円
獲得Tポイント 「母のことなど17の小品」(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ